Webライター

ライターの仕事!未経験の主婦が在宅で月6万以上収入を得た方法

writers-desk

こんにちは。Webライターのすずです。

私は、シングルマザーで息子が一人おりますが、主にサイト上に掲載する記事を依頼され、文章を書くことで生計を立てています。

でも、実は私、普通自動車運転免許とワープロ3級以外、何の資格も持っていません。

そんな私が、

  • なぜ、ライターになれたのか?
  • ライターとして収入を得るためには何をすれば良いのか?

今回は、こういった点を踏まえWebライターというお仕事について、詳しくお話しするとしましょう。

在宅ライターになるには?

主婦でも今すぐライターになれる

先に申し上げた通り、私には自動車運転免許とワープロの資格しかありません。それは一般就職の場合、履歴書の資格欄を見た面接官が、含み笑いするレベルです。(実話)

文章の組み立てでさえ基本に忠実なので、おそらく小学生が書いたのではないかと疑う読者もいることでしょう。(笑)

たらこんぶ
たらこんぶ
いやぁ、今の小学生はレベルが高いですからね。

でも、専業主婦をしていたときにライターデビューして、1文字1円の報酬をもらっていたというのも事実です。

では、なぜデビューできたのか。

その方法は、

ライター募集しているところに応募してテストを受け、合格して採用される

これだけです。

特別なことは何一つありません。売り込みも不要です。合否の連絡待ちのとき、ちょっとドキドキするくらいです。私はビビリなので心臓が跳ね上がりましたけどね(笑)

テストは健康系の難しい内容だったのですが、与えられた期間は3日間だけ。当時は乳児を抱えていて、資料を揃える時間も資金もありませんでしたから、情報源はネットのみ。

つまり、自分の頭の中にある知識ではなく、Web上で仕入れた情報をまとめただけで、デビューできたわけです。

デビュー後は、1文字1円で1記事3000文字程度の依頼が、月に10回ほどありました。

そのときは育児をしながらでしたので、1日3時間くらいの作業時間しかとれませんでしたが、のんびりペースで1ヶ月に10記事納品して月平均30,000円の収入を得ていました。

子供を保育園に預けられたら、1日2記事のペースで書いて、単純計算でも月60,000円の収入になりますね。

外でパートするより気楽でしたし、執筆に疲れたら家事をして体を動かせるので、主婦には都合が良い仕事です。

在宅ライターの資格

ライターになりたいと考えてこの記事を読んでいるあなたなら、少なからず書くことが好きですよね?

ご存知の方も多いと思いますが、ライターになるために必要な資格はありません

極端な話、文章を書くことが好きで、読者へ情報提供したいという気持ちがあれば、すぐにでもデビューできるのです。

そして、活躍の場は、ネットにとどまりません。

ライターとして腕を上げていけば、出版社から声がかかることもしばしばです。

実際、有名ブロガーで本を出版されている方もたくさんいらっしゃいますよね。

私も、いつかは紙媒体で作品を発表したいという野望を抱いています。

でも、紙媒体の文章とWebの文章は全く別モノ

Webライターとして活動していきたいのであれば、SEOを重視しながら、文章にも気を配る必要がでてきます

seo-guidbook
【SEO対策】キーワードに沿ったライティングに役立つおすすめ本8冊SEOライティングをするときに読んでおきたいおすすめの本。初心者向け。ライターだけでなく、マーケティングや広告制作をする際にも役立つこと請け合いです。ライターの腕を磨く本以外に、頭の回転がよくなる本も一冊紹介しています。...

在宅Webライターの収入事情

Webライターの収入はどれくらい?

あなたは、「1文字1円」って安いと思いますか?

しかも「初心者」だったらどうでしょう。

この業界の相場を知っていれば、答えはわかりますよね。

申し遅れましたが、Webライターの収入は、時給ではなく文字単価で計算されます。

それも、1文字0.3円〜0.5円はざらという世界です。

私もCrowdWorksランサーズを利用して初めて気づいたのですが、初心者で1文字1円は、良い方なんですね。

体験談やブログの代筆など、簡単な記事だと0.3円〜0.5円程度。事前調査のいらない口コミなどは0.1円というものもあります。

たらこんぶ
たらこんぶ
シビアな世界ですね…。

でも、がっかりしないでくださいね。

スタートは皆、大差ありません。

1文字0.3円スタートだったら、いかに1文字0.7円〜1円までもっていけるか

1文字1円スタートなら、いかに1文字2円〜3円までステップアップするか

それができるかどうかが重要なのです。

看護師や栄養士など、すでに専門分野の知識をお持ちの方は有利ですね。その知識を有効に使えるジャンルを選べば、間違いなく高単価の依頼をゲットできるでしょう。

でも、私のように文章を書くことが好きでも、知識がなかったらどうでしょう。

チャレンジする価値は、大いにあります

なぜなら、記事数をこなしていけば、おのずと知識はついていくからです。ですから知識が足りないことを理由に尻込みするのはもったいないですよね。

知識がない人が目指すのは、実績づくりです。

がんばれば単価を上げられたり、専属ライターとして使ってもらえたりと、可能性がどんどん広がります。

たらこんぶ
たらこんぶ
要は続けることですね。
CrowdWorksでは、現在は子会社になっている「株式会社ビズアシ」から、時給制の求人案内もあるので、安定収入が欲しい方はぜひエントリーしてみましょう。

在宅ライターの需要はあるのか?

企業・個人問わず、サイトを運営する人がどんどん増えていることから、Webライターの需要は今後も余りあるであろうと考えられます。

大手の出版社でさえ、女性向けのメディアサイトを立ち上げる時代ですからね。

記事を外注するアフィリエイターの増加

わたしがクラウドソーシングを利用していたときは、アフィリエイターのクライアントがほとんどでした。中には、オンライン出版社などからの依頼もありましたが。

世の中のアフィリエイターが滅ばない限り、Webライターの地位というものは安泰であるといえるでしょう。

しかし、大勢のWebライターの中で、どうオリジナリティーを出していくか。それが、ライターとして成功できるかどうかのになります。

主婦が在宅ライター業界を制する

幼い子供がいるうちは、家事や育児の時間配分がしやすい在宅の仕事が理想ですよね。

Webライターなら、パソコンがなくてもスマホがあればOKなんです。純正アプリを使って、ネットで情報を探すことも、片手間で記事を納品することもできてしまいます。

事実、わたしは布団の中で記事を書き上げ、真夜中に納品したことがありました。(笑)

興味のあるジャンルがあれば、書く作業は一層楽しくなりますよ

女性にしか経験できない「妊娠・出産」はじめ、「育児」、「美容・ダイエット」といったジャンルは、コンスタントにライターを募集しています。自分が経験したことなので、ある程度ネットで情報をさらえばスラスラと書けてしまうのです。

たらこんぶ
たらこんぶ
家族や家のことを常々考えている主婦だからこそ、書けることってたくさんありますよね。

ですから、在宅ライターは、主婦にはもってこいの副業なのです。

隙間時間の副業から始めたつもりが、人気が出てプロライターになったという例もありますよ。

文章を書くことが好きなら、一度チャレンジしてみることをおすすめします。

在宅ライターの仕事の受注方法は?

Webライターの求人を探そう

副業でWebライターを目指すなら、まずはクラウドソーシング型マッチングサービスに登録するなり、メディアサイトで募集しているところがあればどんどん応募してみることです。

一例として、わたしが実際に利用していたクラウドソーシング系サービスはこの2つです。

なぜなら、有名だから。(笑)有名=安心という単純な発想です。でも事実、ビジネスとして結果を出している会社なので、安心できますよね。

他にも「ライター 募集」で検索するといろいろ出てきます。何事も相性はあると思いますので、自分に合ったところを探すといいですよ。

在宅ライターの仕事をする際の注意点

在宅ライターの心構え

ライターデビューしたてのころ、1文字1円の単価が安いと文句を言っていたわたしは、ランサーズCrowdWorksの単価の低さに驚きました。

しかも、手数料を取られるんですよ!(涙)

収入と記事作成にかかった時間を計算すると、いったい時給いくらになるのか…頭の痛いところだとは思いますが。

やはり、はじめのうちは収入を気にし過ぎず、自分が書けるジャンルを探して実績を積むことをおすすめします。

なぜなら、クライアントはライターの実績数受注内容を見て、お仕事を依頼する確率が高いからです。

どういうことかというと。

例えば、あなたがネットショッピングをするとき、ショップや商品のレビューを気にしませんか?

たらこんぶ
たらこんぶ
買おうと思ってたのにレビューの評価が悪すぎてショックを受けたり、ショップの評判が悪かったり、商品のレビュー件数がゼロだったりしたら、同じ商品を扱っている評判の良いショップで買っちゃいますよね。うんうん。

それと同じことです。

実績がなければ、評価のつけようがないですからね。

クライアント側からすれば、できるだけコストを抑えつつ、質の良い記事を書いてくれるライターを確保したいのが心情。

プロは単価が高いし、レベルが低いライターは使えない記事しか書けない。

そこで、「ライターとしてある程度記事を書いている人なら、使えそうな記事を書くかな」と考えるわけです。

ですから、ライター初心者は、収入を上げるより実績数を上げることを目標にしましょう。

コピペはNG

これは言うまでもありませんね。よそのサイトからのコピペはもちろん、自分が過去に書いた記事の再利用もいけませんよ。

別のクライアントに書いた記事ならいいだろうと、軽く考える方もいるようですが、本末転倒です。

自分のステータスに傷がつきますから、絶対にやめてくださいね。

納期を確認する

ライターの仕事で一番気をつけなければならないのは、納期です。

クライアント側ではしっかり段取りを組んでいますから、その計画が狂ってしまうということがあっては申し訳ないですよね。

なにより信頼関係に傷がつきますから、今後の受注にも大きく影響します。

無理のないスケジュールを立てる

納期を過ぎてしまうことはもちろんですが、納期が近づいているのに記事が仕上がっていないと、焦って記事の質を落としてしまうなんてことになりかねません。

質の悪い記事を納品し続けると、契約を切られる可能性もありますよね。ですから、無理なスケジュールを立てたり、納期が重複したりしないよう十分注意しましょう。

ママライターの場合ですと、「子供が急に熱を出して作業時間がうまく取れない」という事態がよくありますから、スケジュールは余裕をもって立てたいですね。

在宅ライターの収入を上げる方法

クラウドソーシングでスカウトを待つのも一つの方法ですが、直に営業をかけると、高単価で使ってもらえやすいですね。

例えば、元栄養士なら、健康系やダイエット系のサイトを作っているところに直接営業するということです。

営業といっても、サイト内のお問い合わせからメールを送るくらいでOKです。

メディア系はたいていどこのサイトでも有力な人材を欲しがっていますので、ライターの仕事を探すことはそれほど難しくないはずです。

高単価なら取材ライターが狙い目

取材ができるライターであれば、高単価の案件をゲットできるチャンスは多いですね。

1記事1万円〜しかも交通費付きという高待遇の例もあります。

うらやましいですね…。

取材といっても、クライアント側でアポイントを取っていることがほとんどなので、初心者でも挑戦しやすいのではないでしょうか。

今はSkypeなどを使って、海外在住の方にも取材できる時代です。

ということは、地方在住の方でも、掃除途中の主婦でも、取材時間をとれるということですね。

イレギュラーな収入アップ交渉術

単価アップの鍵を握るのは、クライアントとの信頼関係を築くことです。

質の良いライティングを続けていれば、ある時、クライアント側から単価アップの連絡が来ます。

でも、それでは時間がかかりますよね。

「そんな悠長にやっていられないよ」というアグレッシブな方は、メールのやり取りの際、事務的な連絡だけでなく、プライベートなことを盛り込んでみましょう。

初対面の人でも、プライベートな話を少しでも話していると、ただ挨拶だけ交わすより、仲良くなった気がしますよね。それをビジネスにも応用しましょうということです。

自分を売り込む」ということですね。フリーランスで仕事をしている人であれば、積極的に行った方が良いです。

たらこんぶ
たらこんぶ
ただ、あくまでも事務的にではなく、本心で付き合うことが大事ですよ。

だれしも好きな人と仕事をしたいですよね。楽しみながら仕事をしてくれる相手なら、また使いたいと思うでしょう。

依頼されたライティングをきっちりやりつつ、メールやチャットでの情報交換も楽しみましょう。

在宅ライターが収入をどんどん上げるためにすること

単価交渉も大事ですが、限度があります。

もっと稼ぎたい!と意欲が湧いたら、Webライターの枠にとらわれず、レバレッジの利く仕事術を身につけましょう。

レバレッジというのは、“小さな力で大きな成果を生む”という意味です。

おすすめは、ライターとしてブログを立ち上げることと、ツイッターやFacebookなどのSNSを利用することです。

時間を見つけてコツコツと更新していると、ブログやSNS経由でお仕事をいただける可能性が増えます。

おまけにブログにGoogleアドセンスなどの広告を貼れば、広告収入を得ることだってできるのです。

ですから、ブログやツイッターなどを、ぜひ集客ツールに利用しましょう。

その際は、記事にオリジナル性をもたせ、プロフィールを充実させておくことも大切ですよ。

集客しやすいのはアメブロ

芸能人のブログが多いことでも有名ですね。無料ですが、Googleアドセンスは使えません。Googleアドセンスを貼る裏技もあるそうですが、急に削除される恐れもありますので、おすすめしません。

アメーバピグやペタなど、コミュニケーション機能が充実していますので、集客専用ツールとして考えるなら優良ですね。

WordPressでライターブログを作る

のちのち広告収入も考慮したいのであれば、初めからWordPressを使うことをおすすめします。

ライターとしてのブランディングが目的ですから、無料のテンプレートでも十分です。

WordPressの使い方なら、ネット上に余るほど情報がありますから、困ることはありませんよ。

※以下の記事は「アフィリエイトの方法」について書いたものですが、WordPressでのブログの作り方を一緒に紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね。ちなみに、ライターとしてのブランディングサイトを構築しながら、同時にアフィリエイトを組み込んでいけば、「自分の宣伝」+「収入」が得られるので、一挙両得ですよ。余力がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

アフィリエイトのやり方!初心者が月10万円を稼ぐ実践編文章を書く仕事がしたいけれども、Webライターやコピーライターでは稼げないと嘆いている方必見です。自分のブログを収益化できる“アフィリエイト”の始め方の手順を、やさしく詳しくご紹介します。...

在宅Webライター・まとめ

いかがでしたか?なんとなくでもWebライターのお仕事をご理解いただけましたでしょうか。

まだ自信がないという方は、「これならできるかも」と思える案件から手をつけるようにしましょう。そうして実績を作りながら、徐々にレベルアップすれば良いのです。

はじめはお金にならない作業でも、積み重ねることで力がついていきますから、どんな仕事も無駄にはなりません。

コツコツ積み上げていれば、結果は後からついてくる“とよく言いますが、ライターの仕事もそうです。

ただ、ライターを名乗る時点でプロですから、その名に恥じないよう、プロ意識をしっかり持ちましょう。

たらこんぶ
たらこんぶ
自分を信じて、ライティングをぜひ楽しんでくださいね。
ABOUT ME
すず
すず
Webライター&イラストレーター。のんきに見られがちなマイペースB型。シングルマザーで愛する5歳の息子が一人。夢は絵本作家、漫画家として活躍すること。
【A8.net】エンジニア求む!

エンジニア募集中

国内最大級の広告サービス会社「A8.net」で、エンジニアを募集しています。
大手ASPで「中の人」になるチャンス!

【現在募集中の職種】

  • Webアプリケーションエンジニア
  • バックエンドシステム開発エンジニア
  • インフラエンジニア(A8.net、自社運営メディアなど)



「我こそは!」という方は、ぜひエントリーしてみましょう。

error: ©︎鈴