子育て

絵本の読み聞かせに効果的な「昔話」どこの国のお話か知っていますか?

むかしむかし、あるところに…

と代々語り継がれてきた物語は、世界中で今も子供たちの世代へと受け継がれています。

さて。

こんこんと歴史を積み重ねてきた国々には、いったいどんなお話があるのでしょう?

今回は、誰もが知っている不朽の名作から、あまり知られていない目立たない名作まで、世界の昔話や民話をたっぷりご紹介します。

絵本の読み聞かせに「昔話」が良いってほんと?

私たちが子供のころから慣れ親しんできた昔話の数々。

特に「日本の昔話」は、絵本の読み聞かせに効果的だとする見方もあるようです。

絵本の読み聞かせ効果で子供がみるみる成長する理由絵本の読み聞かせにはどんな効果があるのか。いつからいつまで読み聞かせをすればよいのか。絵本の読み聞かせでやってはいけないこと、年齢別の絵本の選び方などの情報をご紹介しています。...
【年齢別】絵本の読み聞かせにおすすめ!ロングセラー35選絵本の読み聞かせにおすすめする「ロングセラー絵本」のご紹介です。長く子供たちに愛されて来た古き良きお話の数々。今、大人になったあなたの中には、昔読んでもらった絵本の記憶が残っているのではないでしょうか。長い間、読まれ続けてきたロングセラーの絵本を、今度はお子様に読み聞かせてあげてください。...

日本の昔話が絵本の読み聞かせに効果的だとされる理由

日本の昔話でいうと、

  • 悪いことをしたらおしおきされる。
  • 親孝行すると恵まれる。
  • 優しい人には幸せが待っている。

といったニュアンスを含んでいる物語が多いですよね。独特の世界観の中にも、それとなく道徳的な教えが表現されています。

これが、白黒はっきりしたストーリーで構成されている「海外の昔話」と違うところです。

なんとなく結末を迎える日本の昔話には、”答えはひとつじゃない”ということを感じ取ることができるといえます。

なにより、日本の昔話には、日本人が大切にしてきた思いやりの心”を学ぶことができるのではないでしょうか。

絵本の読み聞かせで親子の対話が期待できる「昔話」

昔話を読み聞かせすることで、子供から質問されたり、それに答えたりと対話を楽しむきっかけができます。

聞かれてもわからないことは、一緒に調べることで子供の探究心を養い、それが歴史へ興味を持つきっかけになるかもしれません。

たらこんぶ
たらこんぶ
親子の絆も深まり、大切な思い出にもなりますね。

絵本の読み聞かせに適した昔話を選ぶコツ

昔話は、同じお話の絵本が各出版社から刊行されています。

有名どころでは「ももたろう」や「三びきのこぶた」など、同タイトルの絵本が、20種類以上も刊行されているのです。

中には、代々語り継がれてきた昔話の内容が、まるで違うものに変えられているものもあります。

注意したい昔話絵本の選び方
  • 「名作シリーズ」などのタイトルがついていないもの。
  • 登場人物がキャラクター化されていないもの。
  • アニメちっくな、かわいらしい絵がついていないもの。

お店で中身を確認して購入するのが一番良いですが、時間もかかるし、なかなか難しいですよね。

そこで、ここでは「読み聞かせ」を前提にした、”本来の昔話”が読める絵本をまとめることにしました。

絵本の読み聞かせができる世界の「昔話」はこんなにある!

世界には、実にバラエティーに富んだ昔話が存在します。

  • 日本昔話
  • イソップ物語
  • グリム童話
  • アンデルセン物語
  • その他の世界の物語

時代を超えて語り継がれてきた昔話を、絵本の読み聞かせに、ぜひ加えてみてはいかがでしょう。

日本昔話

ももたろう

【人気度】

【定価】本体1,100円+税

【読み聞かせ年齢】5・6歳から

【おすすめポイント】「ももたろう」のお話の原型がわかる「元祖ももたろう」と呼べる作品。はじめての「ももたろう」にぜひおすすめしたい一冊です。

かさじぞう

【人気度】

【定価】本体1,100円+税

【読み聞かせ年齢】4歳から

【おすすめポイント】しんしんと降り積もる雪と”なまり”混じりの文章で、「かさじぞう」の世界観をみごとに表現された絵本です。年の瀬にしみじみ読み聞かせたい一冊。

はなさかじいさん

【人気度】

【定価】本体1,300円+税

【読み聞かせ年齢】5・6歳から

【おすすめポイント】感情がみごとに揺り動かされる描写の数々。やさしさと悲しみ、命の大切さを教えてくれる一冊です。

おむすびころりん

【人気度】

【定価】本体1,300円+税

【読み聞かせ年齢】3・4歳から

【おすすめポイント】いもとようこさんのやわらかくて丸っこい絵は、子供たちに人気があります。ゆかいなねずみたちの歌は、きっと思わず口ずさんでしまいますよ。

さんまいのおふだ

【人気度】

【定価】本体900円+税

【読み聞かせ年齢】4歳から

【おすすめポイント】古い掛け軸のようなタッチの絵に、スリル満点のお話がとてもマッチした一冊。三枚のお札に助けてもらう描写は、ユーモアもあって子供に人気です。

いっすんぼうし

【人気度】

【定価】本体1,100円+税

【読み聞かせ年齢】4歳から

【おすすめポイント】完全な再話とダイナミックな絵で、子供の心に響く一冊。親指ほどしかない”いっすんぼうし”の勇ましさが力強く描かれています。

かちかちやま

【人気度】

【定価】本体1,200円+税

【読み聞かせ年齢】4歳から

【おすすめポイント】省略やごまかしのない、元祖昔話といえる一冊。子供は怖さやグロさに傷つくかもしれませんが、そこから得るものも大きいでしょう。

うらしまたろう

【人気度】

【定価】本体1,000円+税

【読み聞かせ年齢】4歳から

【おすすめポイント】古代の資料まで調査して書き上げられた再話と、美しく幻想的な絵に魅せられる一冊。長く語り継いで行きたい物語です。

したきりすずめ

【人気度】

【定価】本体1,500円+税

【読み聞かせ年齢】4歳から

【おすすめポイント】欲張るとろくなことがないという教訓を得られる一冊。

わらしべちょうじゃ

【人気度】

【定価】本体1,000円+税

【読み聞かせ年齢】3・4歳から

【おすすめポイント】困っている人を助けることが自分の幸せを呼ぶとか、わらしべ一本でも大切に扱いましょうという教訓を得られる一冊。

かぐやひめ

【人気度】

【定価】本体1,200円+税

【読み聞かせ年齢】5・6歳から

【おすすめポイント】読みやすい再話と、かわいらしい独特のタッチの絵が人気の一冊。

こぶとりじいさん

【人気度】

【定価】本体1,000円+税

【読み聞かせ年齢】4歳から

【おすすめポイント】この絵本では、酒宴の主は鬼ではなく”天狗”が登場します。鮮やかな色彩とユーモラスな絵が人気です。

さるかにがっせん

【人気度】

【定価】本体1,300円+税

【読み聞かせ年齢】4・5歳から

【おすすめポイント】お母さんガニの敵討ちに、たくさんの子ガニが登場します。リアルでちょっとユニークな絵の迫力に圧倒される一冊。

ねずみのよめいり

【人気度】

【定価】本体1,200円+税

【読み聞かせ年齢】4・5歳から

【おすすめポイント】ほのぼのとしたやさしいタッチの絵が人気の絵本です。憧れは抱いても、やっぱり身近な存在が一番だと教えてくれる一冊。

ぶんぶくちゃがま

【人気度】

【定価】本体1,200円+税

【読み聞かせ年齢】4・5歳から

【おすすめポイント】踊り好きのちゃがまのお話です。「ぶんぶくちゃがま」の名前の由来を知ることができる一冊。

つるのおんがえし

【人気度】

【定価】本体1,200円+税

【読み聞かせ年齢】5・6歳から

【おすすめポイント】透き通るように淡く美しい絵と文に引き込まれる一冊。静かで優しく、そして悲しい世界に浸れる上質の絵本です。

ねこのおんがえし

【人気度】

【定価】本体1,300円+税

【読み聞かせ年齢】5歳から

とらときつね 桃太郎 さるのきも 山伏とたぬき 犬とねことうろこ玉 ねこのおんがえし こんび太郎 たにしとからすのうたくらべ かみそりぎつね せかい一のおりこうさん 他全12編

【おすすめポイント】明るく楽しく親しみやすい語り口で、たのしませてくれる絵本です。

十二支のはじまり

【人気度】

【定価】本体1,200円+税

【読み聞かせ年齢】3・4歳から

【おすすめポイント】十二支の由来を描いた物語。新しい年が始まるお正月に、じっくり読み聞かせるのもいいかもしれませんね。

へっこきあねさ

【人気度】

【定価】本体900円+税

【読み聞かせ年齢】3・4歳から

【おすすめポイント】嫁にきた娘が豪快に屁をこく、愉快でユニークなお話の絵本です。シュールな絵も手伝って、子供は大爆笑間違いなしの一冊。

やまんばのにしき

【人気度】

【定価】本体1,000円+税

【読み聞かせ年齢】3・4歳から

【おすすめポイント】秋田の民話を元にした、やまんばの怪力エピソードが痛快に描かれた一冊です。お話の最後に「うしかたとやまんば」というお話も収録されています。

かえるをのんだととさん

【人気度】

【定価】本体900円+税

【読み聞かせ年齢】3歳から

【おすすめポイント】最初に飲み込んだカエルのために、鬼まで飲んでしまうユーモラスな絵本です。「まわりもちの運命」や「段々飲み」など、日本各地に伝えられるお話の再話。

びんぼうがみとふくのかみ

【人気度】

【定価】本体1,000円+税

【読み聞かせ年齢】2歳から

【おすすめポイント】貧乏神と福の神の対決、貧乏神を応援する夫婦、そして迎える意外な展開。心が和む一冊です。

決定版 まんが日本昔ばなし101

【人気度】

【定価】本体2,800円+税

【読み聞かせ年齢】5・6歳から

にんじんとごぼうとだいこん うばすて山 河童の雨ごい 力太郎 えびの腰はなぜまがったか 子育て幽霊 七夕さま 天狗のかくれみの 地獄めぐり 幽霊の酒盛り しょじょ寺の狸ばやし 一休さん 羅生門の鬼 金太郎 耳なし芳一 牛若丸 などなど…

【おすすめポイント】アニメ「まんが日本昔ばなし」で放映されたうち、101話の昔話がぎゅっと詰まった一冊。一話一話短いので、おやすみ前の読み聞かせにおすすめです。


つづいて「イソップ物語」&「グリム童話」へ↓

1 2 3 4
ABOUT ME
すず
すず
Webライター&イラストレーター。のんきに見られがちなマイペースB型。シングルマザーで愛する5歳の息子が一人。夢は絵本作家、漫画家として活躍すること。
【A8.net】エンジニア求む!

エンジニア募集中

国内最大級の広告サービス会社「A8.net」で、エンジニアを募集しています。
大手ASPで「中の人」になるチャンス!

【現在募集中の職種】

  • Webアプリケーションエンジニア
  • バックエンドシステム開発エンジニア
  • インフラエンジニア(A8.net、自社運営メディアなど)



「我こそは!」という方は、ぜひエントリーしてみましょう。

error: ©︎鈴